増額審査落ちした場合、他社キャッシング契約を検討する際に注意したいことは?

どうしても現金が必要になるシーンは少なからずあり、カードローンの利用限度額に余裕があまりないということはしばしばある筈です。この場合、年収対する借り入れ限度額に対し余裕があれば、増額申請をすることが出来るものの、必ず審査が通過するという訳でもありません。

結果、審査落ちした場合、他社のキャッシング契約を行い、借り入れをすることが一番手軽な方法となります。しかし、この方法を利用することで注意しなければならないのは、借り入れ件数を安易に増やしてしまうということです。結果的として銀行カードローンの審査を将来的に受ける場合、借り入れ件数により審査上限が不利になることを考慮する必要があります。

では、どのように問題を回避するべきかと言うと、実質的に増額になる様にするべきであり、消費者金融A社から10万円の限度額を得ており、新規に消費者金融B社を申し込んだ際に30万円の利用限度枠になったら、借り換えを行い消費者金融A社を解約してしまうということです。

この方法なら実質的に20万円の増額となり、借入先は1社のままとなるため、新たにローン契約を行う際に不利な条件とはなりません。もし、利用限度額の増額が出来ず、他社キャッシング契約を行う際は利用限度額を高めに申請し、借り換えも検討していることを伝える方法も得策です。

即日でキャッシングしたい場合の注意点

消費者金融で融資を受けるには、銀行振込と、カードを使うという2つの方法があります。銀行振込で即日で融資を受けるには銀行の営業時間内である必要があります。そのため、土日祝日は銀行振込で融資を受けることはできないし、平日も14時までには申込手続きを完了しておく必要があります。カードを使ってキャッシングを利用する場合は、申込時に自動契約機を訪れてローンカードを発行する流れになります。自動契約機の営業時間はだいたい9:00から21:00ということが多いので、その時間帯の内にカード契約

を完了させることができれば即日融資をうけることができます。しかし、土日祝日や平日でも夕方以降になると在籍確認の審査が難しくなってくるので、できれば平日の早い時間帯に申込手続きを済ませてしまうほうが確実でしょう。即日融資は審査がスムーズに進むことがカギとなってきます。申込時に申告する情報は正確に入力することを心がけるようにしましょう。また、希望する利用限度額は10万円など、低く申告することで審査を通過する確率も高めることができるでしょう。申込方法でおすすめは、インターネットから申込んで審査に通過したことを確認してから、自動契約機を訪れてカードを受け取るという方法です。この方法なら自動契約機での待ち時間も少なくできるのでスムーズな借入ができると思います。

学生ローンを契約する際に気を付けるポイントは?

学生でも20歳以上かつアルバイトによる収入があれば、キャッシング契約をすることが出来ます。大手消費金融のカードローンから中小消費者金融のキャッシングまで選択肢は幅広くあります。学生ローンを契約したとしても、ローン会社から自宅やアルバイト先に連絡がされるケースは非常に低くなっていますが、それ以外のことで家族にバレる可能性があります。それは、契約書や利用明細が自宅に郵送されることです。現在はインターネットから契約申し込みが可能になり、契約の締結自体も郵送により行うことが出来ます。

多くのローン会社は、郵送に使用する封筒に会社名を明記しないため、見た目からはローン契約書だと判別することが出来ません。しかし、同様の封筒が何度も届く場合、不審な郵送物と親に勘違いされ、中身を見られる可能性があります。本来、契約書は信書に該当し、本人以外は中身を見ることは出来ません。しかし、送り主が分からない郵送物は不審に思われます。そのため、学生の方がローン契約を行う際は、少なからず利用明細が送付されない会社を選択するのが重要になります。利用明細が送付されなければ、郵送物は契約書類が送られる1回だけになり、何か家族に問われても誤魔化しは可能です。

キャッシングの申し込みはスマホが便利

キャッシングを利用する際には申し込みを行う必要がありますが、様々な事を記載したり、必要な書類を提出したりと面倒に感じる方も多いのではないでしょうか。そのような場合にお勧めなのがスマートフォンを利用して申し込みをする方法です。スマートフォンには消費者金融でキャッシングを申し込む為の専用アプリがあるので、専用アプリを利用する事でスムーズな申し込みが可能になります。

キャッシングの申し込みには必要な種類などがあり、消費者金融に提出する必要がありますが、アプリを使用する場合は必要な書類をスマートフォンで撮影して専用アプリで直接送る事が出来るので、非常に簡単に申し込みする事が可能です。審査後すぐにお金が入金されるので、急いでいる方もアプリで申し込みを行うと便利なのではないでしょうか。

もちろん審査を行う時間は必要になります。在籍確認などは日中でないと行われないので、融資が可能になるのは消費者金融の営業時間になります。在籍確認で会社に知られる事はまずないので安心して申し込むようにしましょう。即日融資で利用を考えている場合は、なるべくその日の午前中を目処に申し込みを完了させる事でその日のうちにお金を借りる事が出来るでしょう。

頼れるモビットで困ったときを凌ぎましょう

急な出費が必要になったけれどお給料日まで少し日もあるし、

何とかお金を段取りしなければならないけれど困ったなぁ・・・。

そんな時に頼れるのがカードローンですが、その中でもおススメなのがモビット。

モビットは三井住友銀行系に属する大手消費者金融会社です。

ではなぜモビットがおススメなのか、その理由を見ていきましょう。

まず、モビットは審査のスピードが非常にスピーディーであることが挙げられます。

審査の前段階としての簡易審査結果は自分が融資を受けられそうかどうかの目安が

10秒で判断できます。

この簡易審査で問題がなさそうならば続いて本審査を受けるために申し込みを行います。

本審査では最短で30分程度、通常問題がなければ1~2時間程度で審査が通ることが多いです。

困ったときにその日のうちにお金を借りられるのはとても安心ですね。

また、モビットの大きな魅力に会社や一緒に住んでいる家族への確認連絡が不要で

ウェブから申し込みから借り入れまで完結できることが挙げられます。

いざというときの為とは言え、やはり周囲の人にカードローンを使ったというのは

できればあまり知られたくないもの。

でもモビットならその心配は無用、心置きなく緊急時のピンチを乗り切ることができるのです。

消費者金融の審査が否決されてしまう要因は?

消費者金融は銀行のカードローンに比べて審査通過率が高いと言われているのですぐお金を借りる事が出来ると思ってしまいますが、消費者金融の審査も否決されてしまう事もあるので注意しなければいけません。そこで消費者金融の審査が否決されてしまう要因をしっかり確認していく事にしましょう。

消費者金融は総量規制の対象になっているので年収の3分の1以上の借り入れをする事が出来ません。そのため申し込んだ時に借入希望額を年収の3分の1以上の金額で申請してしまうと総量規制に引っかかってしまうので審査が否決されてしまいます。また他社からの借り入れがある場合も総量規制に引っかかってしまうので審査が否決されてしまいます。そのため申し込みをする時は総量規制に引っかからないように注意しましょう。

消費者金融に申し込みをする時の個人情報の他に勤務先の情報も入力して申請しますが、審査中の在籍確認をしている時に申請内容と異なっていた場合は虚偽の申請をしたと判断されてしまう場合があります。虚偽の申請したと判断された場合は審査が即否決となってしまうので注意しましょう。

消費者金融の審査もこのような要因で否決されてしまう事があるので慎重に申し込むようにしましょう。

手数料が固定でなく変動するタイプになるキャッシング

融資関連の商品は、もちろん手数料があります。中でも利息などは、やはり軽視できない手数料の1つです。

ところでその商品の手数料は、大抵2つの種類があるのです。変動するタイプと、固定されるタイプの2種類になります。

そしてキャッシングには、その手数料に関する大きな特徴があります。なぜなら、基本的には変動するタイプになるからです。

例えばある時における手数料が、年間18%になっていたとします。その手数料は、状況によって20%や16%などに変わる可能性はあるのです。そして、それがこの融資商品の特徴の1つになります。

上述のように、金融商品によっては手数料が固定されるタイプがあるのです。いわゆるマイホーム用の商品は、そのタイプが数多くあります。年間1%固定の商品なども、中にはあるでしょう。固定される訳ですから、もちろん2%や0.5%になる事もありません。

ところがキャッシングの場合は、固定される事はまずあり得ないのです。金融情勢など様々な状況の変化に応じて、手数料は変動していくタイプになります。この「常に変動する」という点は、この商品の大きな特徴の1つとも言えるでしょう。

書類郵送の有無で変わるキャッシングのスピード

キャッシングサービスの利用にあたっては審査が必要であり、申し込み、審査、契約という流れになります。例外なくこの3つのステップは踏まなければなりませんが、契約に至るまでの手続きは金融機関によって異なります。インターネットから申し込んでその日のうちに振込まで完了するところもあれば、郵送で契約書類のやり取りをしなければ借入ができないところもあります。お金が必要になった時に、申し込みから融資実行までの時間がかかると困ることも多いと思いますので、事前に流れを確認しておくほうが良いでしょう。

即日融資を前面に出している金融機関は、書類のやり取りは基本的にありません。スピードを重視していますので、必要書類の提出もアプリで済ませることができるのが一般的です。書類の郵送が必要であっても、それは融資実行後に後付けで行うという場合が多く、すぐに借入ができるのが特徴です。

それに対し、書類のやり取りが終わって初めて契約が成立する金融機関は、本申し込みの前に仮審査を受けられることが多いです。本審査に時間がかかる上に審査落ちではユーザーのニーズに応えられないからです。時間のかかるキャッシングを利用する時は、まず仮審査を受けるようにしましょう。

キャッシングのWEB完結申込みはどこまでWEBで完結できるかに注意

キャッシングの手続きではインターネットから申込みできるサービスがとても増えており、一通りの手続きがインターネット上で完結するというWEB完結も一般的になっています。消費者金融のキャッシングはもちろん、地方銀行のサービスでもその銀行の預金口座を持っている場合はWEB完結ですぐに利用開始できる場合もあります。

一言でWEB完結と言ってもその会社によってどこまでWEBで完結できるかに違いがありますので、申込みをする前に手続きの流れをしっかりと確認しておきましょう。消費者金融のキャッシングではローンのためのカード発行を行わず、契約書類や利用明細も含めて自宅宛の郵便物も一切届かず、借り入れや返済もインターネット上の会員サイトから手続きするという完全なWEB完結型のサービスもあります。

反対に、単に契約書類などの郵送が不要で、必要書類も画像データの送信で手続きができることをWEB完結と呼んでいる場合もあります。特定の条件を満たす場合のみWEB完結で申込み可能ということもありますので、事前に確認が必要です。

1 2