どうしても現金が必要になるシーンは少なからずあり、カードローンの利用限度額に余裕があまりないということはしばしばある筈です。この場合、年収対する借り入れ限度額に対し余裕があれば、増額申請をすることが出来るものの、必ず審査が通過するという訳でもありません。

結果、審査落ちした場合、他社のキャッシング契約を行い、借り入れをすることが一番手軽な方法となります。しかし、この方法を利用することで注意しなければならないのは、借り入れ件数を安易に増やしてしまうということです。結果的として銀行カードローンの審査を将来的に受ける場合、借り入れ件数により審査上限が不利になることを考慮する必要があります。

では、どのように問題を回避するべきかと言うと、実質的に増額になる様にするべきであり、消費者金融A社から10万円の限度額を得ており、新規に消費者金融B社を申し込んだ際に30万円の利用限度枠になったら、借り換えを行い消費者金融A社を解約してしまうということです。

この方法なら実質的に20万円の増額となり、借入先は1社のままとなるため、新たにローン契約を行う際に不利な条件とはなりません。もし、利用限度額の増額が出来ず、他社キャッシング契約を行う際は利用限度額を高めに申請し、借り換えも検討していることを伝える方法も得策です。