月別: 9月 2017

不明点が多い時に適している申し込み方法

各消費者金融ともスマートフォンの普及によってインターネットでの申し込みが出来るようになりましたが初めて利用する時は不明点が多いので不安があるでしょう。

そういう時は利便性を考える前に確実な方法で申し込む事が大切です。

不明点が多そうだなと思ったら電話で申し込むようにしましょう。

電話だとオペレーターの方と直接話す事が出来るので不明点があった時はすぐに質問する事が出来ます。

その後店舗や無人契約機に出向かなければいけませんが確実な申し込み方法となると電話で申し込みが挙げられます。

無人契約機での申し込みでも不明点があればオペレーターの方に質問する事が出来ます。

無人契約機の中に電話が備え付けられているのでオペレーターの方と会話する事も可能です。

不明点が多そうだなと思ったら電話か無人契約機で申し込みましょう。

消費者金融の審査で重要視されること

初めて消費者金融のカードローンに申し込む場合、審査に通るかどうかが一番の心配事ではないかと思います。即日融資に対応している消費者金融も多く、審査はどこもスピーディですが、審査に通るか通らないか待っている時間はとても緊張するものです。

JICC(日本信用情報機構)によると、日本人の約10人に1人は消費者金融のキャッシングを利用しているそうです。つまりは、それだけの人が審査に通っていると言うことになります。

カードローンに申し込む際は、正社員ではなく、非正規雇用で働いている、年収が低い、ということを不安材料として感じる人が多いようですが、パートやアルバイトでも審査に通ることが多く、消費者金融の審査での着目点は、私たちの想像とは少し異なるようです。

まず、重視されるのは、過去に金融事故を起こしていないかどうか。消費者金融のキャッシングを利用して数カ月滞納したことがある、債務整理をしたことがある、という人は審査に通る可能性が低くなります。

また、数週間以内に他の消費者金融への申し込みをしていた場合も、審査が厳しくなると言われています。これは、他社の審査に通らなかったので、うちに申し込んできた、と解釈されるためです。

見方を変えれば、これまでキャッシングをしたことがなく、初めて申し込んだという人は審査に通る可能性が高いとも言えます。

総量規制対象外のキャッシングとは

消費者金融のキャッシングに、総量規制があることをご存知の方も多いでしょう。
この総量規制というのは、借り過ぎを防ぐ目的で、2010年施行の貸金業法から新たに設けられたものです。
一言でいえば、キャッシングに限度額を設けるシステムのことで、限度額はキャッシングをする本人の、年収の3分の1に当たる金額となっています。
また消費者金融の利用のすべてが対象になりますので、消費者金融を何社も利用していると、限度額に達し、キャッシングの申込みができなくなってしまいます。

しかしどうしても借りたい時には、総量規制対象外のキャッシングを利用できます。この総量規制対象外とは、たとえば自動車ローンや住宅ローンなどがそれに当たります。
その他にも、高額なお金を借りなければならない時には、総量規制対象外となることがありますので、申込む前に事情を話してみるといいでしょう。

また個人事業者への貸付けやつなぎ資金関係、緊急医療費の貸付けなども総量規制対象外となります。
それからいくつかのキャッシングを一本化するおまとめローンや、銀行からのキャッシングも総量規制対象外です。
銀行は貸金業法ではなく銀行法の監督下にあるため、総量規制そのものがなく、限度額を気にすることなしに利用できるからです。

キャッシングの増額申し込みをする際の注意点

キャッシングを利用していると段々と要領が良くなってきて、増額申込みがしたくなります。

増額申込みをする際にもやはり審査を受ける必要があります。

増額申込みが受け入れられる条件としては、一定期間そのキャッシング会社を利用して、一度も返済が遅れたりトラブルになったことがない人です。

一定期間というのはだいたい半年~1年くらいが目安ですが、申し込んで一度利用しただけで半年経ったので増額申込みをしても認められない可能性があります。

申し込んでからほぼ毎月借り入れと返済をスムーズに繰り返している人でなければキャッシング会社にとってメリットはないからです。

また、自分の年収以上に必要以上に増額申込みをしても認められない場合もあります。

増額申込みは、適切にキャッシング会社を利用しているとみなされる人に認められるのです。