月別: 1月 2018

銀行ローンは便利ではあるが使い方には注意。

多くの消費者金融があるが、最近は銀行系のカードローンも数多く出ています。審査の通りやすさでは圧倒的に消費者金融が有利ですが、銀行ローンには消費者金融とは違った利点と注意点があります。
法律の改正により、年収の3分1を超える貸付は禁止されています。この制度を総量規制といいます。

ただし、現在のところ銀行ローンは総量規制の対象外になっており、銀行の判断で3分の1を超える貸付も可能になっています。本当に急な出費で困っている人にとってはありがたい話でありますが、無計画に借りすぎてしまい返済が不可能になってしまう人もいるようで、銀行ローンに対する風当たりが強くなっているのも事実です。

計画を立てて上手く利用すれば、銀行ローンの方が利点が多いです。多くの消費者金融では、最大金利を18パーセントに設定していますが、銀行ローンは14~15パーセントの設定が多いようです。わずかな違いと思われるかもしれませんが、リボ払いの場合にはこの金利の違いは長い目でみると大変な違いになってきます。

また、銀行ローンの場合には千円単位の借り入れが可能で、余分な借り入れをする必要がありません。これも金利のことを考えると消費者金融よりも優遇される点です。
このように、使い方さえ注意すれば銀行ローンの方が利点が多いです。

りそな銀行のカードローンは金利がとてもお得です!

銀行カードローンは基本的に消費者金融より金利が低いのが魅力ですが、その中でもりそな銀行の”クイックカードローン”は最高金利が年利12.475%と、銀行カードローンとしてもかなり低くなっています。

もちろん全国対応のカードローンなので、どこに住んでいても利用することができます。申込みはネットや電話で平日や休日を問わず受け付けており、また、郵送用の申込み用紙と詳しい資料の請求も受け付けているので、まずはじっくりと説明を読んでみたいという人はこの請求から始めてもいいでしょう。

利用に当たっては1つだけ条件があり、このカードローンを利用するにはりそな銀行の口座の開設が必要です。カードローンの契約日までに開設する必要があるので、同銀行の口座を持っていない人は同時にその申込みも行ってください。

そして、このカードローンには”オートチャージ機能”というものがあります。これは、同時に契約している自分のりそな銀行の口座が各種の公共料金やクレジットカードの利用分などの引き落とし時に残高不足になってしまった時に自動的に発動する機能で、不足分をその場でカードローンの借り入れとして扱ってくれます。つまり、カードローンの限度額が空いている限り、残高不足で該当の口座から引き落とせなかったということがなくなる訳です。ただし、このカードローン自体の返済の引き落としには利用できません。

同銀行の口座を作るという条件こそ付きますが、まず金利が大変低く、とても便利なオートチャージ機能も付いているこのカードローンは、数ある銀行カードローンの中でもおすすめの1つだと言っていいでしょう。

欠点としては、借り入れはキャッシングカードを使って行うので、利用できるのはそれが発行されてからになります。よって、急ぎの人に向いているとは言えないのでこの点だけは注意してください。

まとまった金額を借りるなら総量規制対象外の銀行ローンを

一時的に少額のお金を借りるならば即日融資が可能な消費者金融のキャッシングに申し込むのがベストな選択です。消費者金融のキャッシングであれば申し込みの手続きに手間取ることなくすぐに審査の結果が分かるので、時間を取られずに必要なお金を借りたいというときにはとても役に立つサービスだからです。しかし、ある程度のまとまった金額を借りたいというときには、消費者金融のキャッシングでは必要としているだけの金額を借りられないというケースがあります。消費者金融のキャッシングは総量規制の対象となっているのがその理由です。

総量規制は貸金業者による貸し過ぎ、消費者の借り過ぎを未然に防ぐ目的で施行されている法律ですが、この法律の存在がときとして不便さを感じてしまう原因となってしまうこともあるのです。たとえば、ある消費者がキャッシングでお金を借りたい場合、その人は最大でも自分の年収の三分の一までしか融資を受けることはできません。つまり、自分の借りたいと思っている金額が年収の三分の一以上の場合には消費者金融のキャッシングでは希望額の達しないことになるのです。

ただし、銀行のカードローンならばある程度のまとまった金額であっても借りられる可能性があります。銀行のカードローンは総量規制の対象外となっているので審査次第ですが、年収の三分の一以上の金額であっても融資を受けられる可能性が残されているのです。