多くの消費者金融があるが、最近は銀行系のカードローンも数多く出ています。審査の通りやすさでは圧倒的に消費者金融が有利ですが、銀行ローンには消費者金融とは違った利点と注意点があります。
法律の改正により、年収の3分1を超える貸付は禁止されています。この制度を総量規制といいます。

ただし、現在のところ銀行ローンは総量規制の対象外になっており、銀行の判断で3分の1を超える貸付も可能になっています。本当に急な出費で困っている人にとってはありがたい話でありますが、無計画に借りすぎてしまい返済が不可能になってしまう人もいるようで、銀行ローンに対する風当たりが強くなっているのも事実です。

計画を立てて上手く利用すれば、銀行ローンの方が利点が多いです。多くの消費者金融では、最大金利を18パーセントに設定していますが、銀行ローンは14~15パーセントの設定が多いようです。わずかな違いと思われるかもしれませんが、リボ払いの場合にはこの金利の違いは長い目でみると大変な違いになってきます。

また、銀行ローンの場合には千円単位の借り入れが可能で、余分な借り入れをする必要がありません。これも金利のことを考えると消費者金融よりも優遇される点です。
このように、使い方さえ注意すれば銀行ローンの方が利点が多いです。