キャッシングは、クレジットカードやクレジットローンとは異なり、直接お金を借りることができるキャッシングローンとなりますので、非常に便利に活用することができます。また、急な出費などでどうしてもお金が必要な場合でも、安心して利用できるのが特徴です。そんな便利なキャッシングは18歳から19歳の未成年者でも利用できるのでしょうか。

キャッシングは大学生の未成年でも利用できるの?

キャッシングは、20歳以上の方を対象としたサービスとなりますので、原則として大学生でも未成年の方は借り入れをすることができません。基本的に20歳になっていない未成年の方は、まだ成人に達していないということもあり、様々な制限や制約があります。またこれはキャッシングに限らず他の融資も同じで、原則として未成年者への契約行為が認められておらず、貸し付けは行うことができません。キャッシングの利用でも、仮に親の同意があったとしても、成人に達していない未成年者は借り入れをすることができません。未成年者への貸し付けは、学生や社会人や結婚をしているかどうかなどには一切関係なく、お金を借りることはできませんのでこの点は注意が必要です。なので何か目的がありキャッシングを利用したい大学生の未成年の方も、20歳を超えてからまた改めて利用を検討することとなります。