銀行カードローンの謳い文句に、『無理なく返済できる』というものをよく目にします。毎月の返済金額が最低2000円というのは、一見すると毎月の返済額が少なくなるため、負担が少ないように感じます。ですが、返済の先延ばしになるため、総返済額の増加が生じ、結果として大きな負担となってしまいます。

ですが、銀行カードローンは消費者金融に比べると金利は低めであり、随時返済も可能となるため、発生する利息は利用した日数分で済みます。そして、最低返済額の設定は、余裕の無いときに、返済遅延になるというリスクが低減し、利用停止や一括返済請求を防ぐことが出来ます。つまり、リスク低減と返済計画により、効率的に返済が可能になり、総返済額の圧縮が実施できるというのが無理なく返済出来るというポイントです。先ず、重要なことは安易にメリットばかりを過信してしまい、自分自身の不利益が生じないよう、カードローンの返済方式を理解することです。リボルビングスライド方式は常に問題視されているものの、実際には返済出来る状況なのに、返済期日の口座引落まで待ち、無駄な利息を支払わずに済むというメリットもあります。返済次第では、より効率的に元本の減少も可能なため、約定返済が済んだ場合は1000円でも追加返済することが肝心です。