一時的に少額のお金を借りるならば即日融資が可能な消費者金融のキャッシングに申し込むのがベストな選択です。消費者金融のキャッシングであれば申し込みの手続きに手間取ることなくすぐに審査の結果が分かるので、時間を取られずに必要なお金を借りたいというときにはとても役に立つサービスだからです。しかし、ある程度のまとまった金額を借りたいというときには、消費者金融のキャッシングでは必要としているだけの金額を借りられないというケースがあります。消費者金融のキャッシングは総量規制の対象となっているのがその理由です。

総量規制は貸金業者による貸し過ぎ、消費者の借り過ぎを未然に防ぐ目的で施行されている法律ですが、この法律の存在がときとして不便さを感じてしまう原因となってしまうこともあるのです。たとえば、ある消費者がキャッシングでお金を借りたい場合、その人は最大でも自分の年収の三分の一までしか融資を受けることはできません。つまり、自分の借りたいと思っている金額が年収の三分の一以上の場合には消費者金融のキャッシングでは希望額の達しないことになるのです。

ただし、銀行のカードローンならばある程度のまとまった金額であっても借りられる可能性があります。銀行のカードローンは総量規制の対象外となっているので審査次第ですが、年収の三分の一以上の金額であっても融資を受けられる可能性が残されているのです。