キャッシングのWEB完結申込みはどこまでWEBで完結できるかに注意

キャッシングの手続きではインターネットから申込みできるサービスがとても増えており、一通りの手続きがインターネット上で完結するというWEB完結も一般的になっています。消費者金融のキャッシングはもちろん、地方銀行のサービスでもその銀行の預金口座を持っている場合はWEB完結ですぐに利用開始できる場合もあります。

一言でWEB完結と言ってもその会社によってどこまでWEBで完結できるかに違いがありますので、申込みをする前に手続きの流れをしっかりと確認しておきましょう。消費者金融のキャッシングではローンのためのカード発行を行わず、契約書類や利用明細も含めて自宅宛の郵便物も一切届かず、借り入れや返済もインターネット上の会員サイトから手続きするという完全なWEB完結型のサービスもあります。

反対に、単に契約書類などの郵送が不要で、必要書類も画像データの送信で手続きができることをWEB完結と呼んでいる場合もあります。特定の条件を満たす場合のみWEB完結で申込み可能ということもありますので、事前に確認が必要です。

キャッシングの契約!無人契約機でも不安…それならweb契約申し込みがベスト

キャッシングを行う上で手軽に利用できるのがカードローンであり、利用目的は事業以外なら使い方が自由です。

しかし、契約を検討される方には『無人契約機だと人目が気になる』または『契約申し込みの時間が無い』という場合もあります。

そこで便利なのが、インターネットを利用したweb完結型の契約申し込みです。

今では、インターネット回線に接続されたパソコンだけでなく、スマートフォンからでも契約が可能となっており、本人確認書類もスマートフォンのカメラ機能で免許証などを撮影して契約申し込みページにアップロードするだけです。

web完結での申し込みなら、人目を気にしなくて済む他、日時を選ぶ必要がありません。

無人契約機の様にカードが即時発行ということにはなりませんが、本人受取確認が必要な郵送方法で送られて来るため、家族にも知られる可能性は非常に低いです。

また、web完結のカードローンであれば、金利が安い銀行系カードローンでも遠方から契約することもでき、コンビニATMも利用できるので自分のあったものを選択できます。

キャッシングのweb完結契約の申し込みの流れ

SMBCグループの消費者金融であり、申込をしたその日のうちに借り入れができることで有名なプロミスのフリーキャッシングは、パソコンやスマートフォンを使って24時間365日申込ができることに加えて、カード発行を無しとして、web完結で契約手続き完了させることも可能です。カードレスで契約ができれば、申込から実際にキャッシングするまでの時間短縮が考えられますし、自宅に郵送物が届かないので、家族にカードローンの申込をしたことがバレる心配もありません。プロミスのフリーキャッシングをweb完結契約する場合の流れについて確認していきましょう。

まずパソコンやスマートフォンで申込をした後ですが、一次審査が行われ、その際に希望連絡先として申告した電話番号に電話があります。その際に審査項目の追加確認があるので、確実に電話にでるようにしましょう。

本審査完了後は再び連絡があるので、書類の提出や契約方法を選びます。書類はスマートフォンのアプリを使えば楽ですし、webで契約する方法を選んだ場合は、契約内容の確認完了後、すぐに振込キャッシングが可能となります。

モビットの最大のメリットはWeb完結申し込み

消費者金融のモビットはアコムやプロミスと比べて金利の設定は同じぐらいなのですが、無利息期間のサービスがなかったりATMの利用に手数料がかかってしまったりするのでデメリットになってしまう事がいくつかあります。しかしモビットにはメリットもあるので利用者の数は意外と多くて現在も消費者金融の大手の座を保ち続けています。そこでモビットのメリットになる点を見ていく事にしましょう。

モビットの最大のメリットはWeb完結で申し込めるという点でしょう。モビットのWeb完結で申し込めば基本的に電話連絡や郵送物がありません。そのため自宅に電話がかかってくる事や郵送物が送られてくる事がないので家族に知られる心配もありません。基本的にキャッシングを利用する事を家族や周囲の人には知られたくないものなので大きなメリットになります。また審査も最短30分で終了するのですぐに融資を受ける事も可能です。そのため融資スピードが優れているのもモビットのメリットの一つと言えるでしょう。

平凡な1日に突然の訃報がきました。

突然、会社に妻から電話がきました。

「お父さんが倒れた!」

頭が真っ白になりました。とりあえず上司に報告して、すぐに病院に向かいました。そうすると病室には昏睡状態の父親が!?病名は脳幹出血、かなりの大病。よくても何処かに不自由が起きるのは確定。しかも本人は延命治療を望んでいない。

この3日間ほんとに今までの思い出や今の状況、この先、母親の事様々な事を考えました、いまだに意識は戻りません。しかも自分の親が初めて死に直面している状況、今までの事、ネガティブにしかとらえられない自分がいます。だけど

2016年3月に実家近くに戻ってよかったと思いますし、いつどうなるかわかりませんが親の意思を尊重し精一杯親孝行をしていきたいです。

1 2