消費者金融のカードローンには総量規制という縛りがあります。これは貸金業法に導入されたルールで、年収の3分の1を超える金額を借りることはできないというものです。つまりカードローンを申し込む本人に収入がなければ、消費者金融ではお金を借りることができないのです。の定期的な収入があれば正社員ではなくても申し込みが可能なので、パートやアルバイトでもキャッシングが可能です。つまり、パートで働いている主婦は申し込みできるのですが、専業主婦で自分の収入がない場合は申込みできないのです。

では、専業主婦がお金を借りたいと思った場合は、どうしたらよいのでしょうか。

一つは「配偶者貸付」という制度を利用することです。これは、配偶者の収入と本人の収入を合算して年収とみなす制度で、専業主婦である本人の収入がゼロであっても夫の収入の3分の1までは借りることができます。申込みには、戸籍抄本など夫婦であることを証明する書類等の他に、夫の同意書も必要となります。が、実はこの配偶者貸付を実施している消費者金融は数が少なく、あまり現実的な制度ではないのです。

そこで考えられる借入先が、銀行のカードローンです。銀行は貸金業法の規制の対象外なので、総量規制が適用されません。収入がない専業主婦でも申し込み可能です。どうしてもお金が必要、できれば夫には内緒で、というような場合は、まず銀行のカードローンを検討してみるとよいでしょう。