消費者金融は銀行のカードローンに比べて審査通過率が高いと言われているのですぐお金を借りる事が出来ると思ってしまいますが、消費者金融の審査も否決されてしまう事もあるので注意しなければいけません。そこで消費者金融の審査が否決されてしまう要因をしっかり確認していく事にしましょう。

消費者金融は総量規制の対象になっているので年収の3分の1以上の借り入れをする事が出来ません。そのため申し込んだ時に借入希望額を年収の3分の1以上の金額で申請してしまうと総量規制に引っかかってしまうので審査が否決されてしまいます。また他社からの借り入れがある場合も総量規制に引っかかってしまうので審査が否決されてしまいます。そのため申し込みをする時は総量規制に引っかからないように注意しましょう。

消費者金融に申し込みをする時の個人情報の他に勤務先の情報も入力して申請しますが、審査中の在籍確認をしている時に申請内容と異なっていた場合は虚偽の申請をしたと判断されてしまう場合があります。虚偽の申請したと判断された場合は審査が即否決となってしまうので注意しましょう。

消費者金融の審査もこのような要因で否決されてしまう事があるので慎重に申し込むようにしましょう。