審査

頼れるモビットで困ったときを凌ぎましょう

急な出費が必要になったけれどお給料日まで少し日もあるし、

何とかお金を段取りしなければならないけれど困ったなぁ・・・。

そんな時に頼れるのがカードローンですが、その中でもおススメなのがモビット。

モビットは三井住友銀行系に属する大手消費者金融会社です。

ではなぜモビットがおススメなのか、その理由を見ていきましょう。

まず、モビットは審査のスピードが非常にスピーディーであることが挙げられます。

審査の前段階としての簡易審査結果は自分が融資を受けられそうかどうかの目安が

10秒で判断できます。

この簡易審査で問題がなさそうならば続いて本審査を受けるために申し込みを行います。

本審査では最短で30分程度、通常問題がなければ1~2時間程度で審査が通ることが多いです。

困ったときにその日のうちにお金を借りられるのはとても安心ですね。

また、モビットの大きな魅力に会社や一緒に住んでいる家族への確認連絡が不要で

ウェブから申し込みから借り入れまで完結できることが挙げられます。

いざというときの為とは言え、やはり周囲の人にカードローンを使ったというのは

できればあまり知られたくないもの。

でもモビットならその心配は無用、心置きなく緊急時のピンチを乗り切ることができるのです。

消費者金融の審査が否決されてしまう要因は?

消費者金融は銀行のカードローンに比べて審査通過率が高いと言われているのですぐお金を借りる事が出来ると思ってしまいますが、消費者金融の審査も否決されてしまう事もあるので注意しなければいけません。そこで消費者金融の審査が否決されてしまう要因をしっかり確認していく事にしましょう。

消費者金融は総量規制の対象になっているので年収の3分の1以上の借り入れをする事が出来ません。そのため申し込んだ時に借入希望額を年収の3分の1以上の金額で申請してしまうと総量規制に引っかかってしまうので審査が否決されてしまいます。また他社からの借り入れがある場合も総量規制に引っかかってしまうので審査が否決されてしまいます。そのため申し込みをする時は総量規制に引っかからないように注意しましょう。

消費者金融に申し込みをする時の個人情報の他に勤務先の情報も入力して申請しますが、審査中の在籍確認をしている時に申請内容と異なっていた場合は虚偽の申請をしたと判断されてしまう場合があります。虚偽の申請したと判断された場合は審査が即否決となってしまうので注意しましょう。

消費者金融の審査もこのような要因で否決されてしまう事があるので慎重に申し込むようにしましょう。

書類郵送の有無で変わるキャッシングのスピード

キャッシングサービスの利用にあたっては審査が必要であり、申し込み、審査、契約という流れになります。例外なくこの3つのステップは踏まなければなりませんが、契約に至るまでの手続きは金融機関によって異なります。インターネットから申し込んでその日のうちに振込まで完了するところもあれば、郵送で契約書類のやり取りをしなければ借入ができないところもあります。お金が必要になった時に、申し込みから融資実行までの時間がかかると困ることも多いと思いますので、事前に流れを確認しておくほうが良いでしょう。

即日融資を前面に出している金融機関は、書類のやり取りは基本的にありません。スピードを重視していますので、必要書類の提出もアプリで済ませることができるのが一般的です。書類の郵送が必要であっても、それは融資実行後に後付けで行うという場合が多く、すぐに借入ができるのが特徴です。

それに対し、書類のやり取りが終わって初めて契約が成立する金融機関は、本申し込みの前に仮審査を受けられることが多いです。本審査に時間がかかる上に審査落ちではユーザーのニーズに応えられないからです。時間のかかるキャッシングを利用する時は、まず仮審査を受けるようにしましょう。